2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

中高一貫校リンク

« | トップページ | 渋幕の1年目を終えて、ひとり言。 »

2006年3月22日 (水)

チームジャパンから見えたもの

今回のWBC世界一の喜びというのは、一体どこから

くるものなのでしょうか。優勝へ至る道のりで、喜びの

伏線となったことがらについて分析します。

  

伏線その1

「WBC ? どうせ、メジャーリーグ機構の宣伝、アメリカ

のお先棒かつぎになるのが関の山」みたいな論調。

  

確かに、WBCにサッカーのワールドカップのような権威

がなく、どれだけの大会なのかちょっと訝しかったです

よね。でも、アメリカやドミニカがドリームチームを結成

したことで、これに勝てばスゴイことになるという雰囲気

になりました。

  

伏線その2

「松井も出ない、井口も。ベストメンバーじゃないジャパン

はジャパンじゃないよね。」

 

今回の大会前のスローガンは、「スモール野球」。4番を

揃えれば勝てるほど野球は単純じゃないということをこ

こ2、3年の巨人が示したし、それぞれの選手がそれぞ

れの役割を果たせばチームとして素晴らしい機能を発揮

するということを、証明してくれました。

  

伏線その3

「アジア予選で、1位通過は当たり前。問題は、2次リーグ

でアメリカにどう勝つか。」みたいな雰囲気。

  

アジア予選で1位通過するという目論見は木端微塵に

砕かれました。メジャーのピッチャーを集めた韓国は、

思いのほか強かった。

  

伏線その4

「まさか韓国に連敗は無いだろう。初戦だってあの

ライトの超ファインプレーが無ければ、楽勝だった」

  

イチローの挑発発言(と韓国は受取った)、兵役免除、

日本にだけは負けたくないという気持ちが、結果的に

日本の気力を上回りました。ここまでは、チームジャ

パンは、やや気持ちが空回り気味でした。

  

伏線その5

「何と言ってもあのデビッドソン審判の誤審事件。メキ

シコ戦でも再び誤審。そして、決勝での川崎選手の右

手タッチを見逃さなかった主審の目。」

  

マンガでも無いようなシチュエーションを作って頂き、

ありがとう。今となっては、最高の演出でした。(笑)

審判の資質が問われる大会でしたが、決勝戦では、

9回1点差で苦しいところ、最後に素晴らしいジャッジ

を見せて貰いました。

  

伏線その6

「メキシコの選手は、アメリカに勝っても予選突破でき

ないし、前日ディズニーランドで遊んでいたらしいし、

モチベーションないから9分9厘駄目だよね。」

  

デビッドソンさん、もう一度ありがとう。(笑)そして、

ビバ、メヒコ!このご恩は忘れません。(爆)

  

伏線その7

「韓国戦連敗は、僕の野球人生で最大の屈辱でした。

でも、2次リーグに残れた僕たちには、何かがある。」

  

わずか0.01の失点差で準決勝にコマを進めた訳です

が、試合を投げず最少失点で食い止めたことが生き

ました。「何か」とは、最後まであきらめない強い気持。

イチローの今回の一連の発言は、まさにサムライその

ものでした。美しい。

  

伏線その8

「福留選手の起死回生のホームラン。今江選手の

2点タイムリー。控え選手の活躍」

  

1次、2次予選で結果を出せなかった福留選手。大事

な韓国戦で痛恨のエラーをした今江選手。それでも、

ここという場面で起用した王監督の采配。それに応え

た二人。出番ではキッチリ結果を出した宮本選手始め

控え選手の活躍も見逃せません。

  

伏線その9

「プレッシャーに勝つ技術と事前の準備」

  

最後は、気力と気迫で勝ったという分析がありますが、

ワタシはそれだけでは到底勝てない。やはり、技術と

事前の準備があってこそと思いますね。イチローなん

かは、集合の1時間半まえから練習していたらしい。

  

伏線その10

「プライドとひたむきさ」

  

プロとしてのプライド、ナショナルチームとしてのプラ

イド、アジアの盟主としてのプライド。いろいろあると

思いますが、最後はそれらプライドをかなぐり捨てて

高校野球児のようにひたむきにプレーしていました。

  

他にもいろいろな要素があると思いますが、こういっ

た様々な伏線があってドラマが生まれ、喜びが一気

に沸騰したのだと思います。

  

ここは中学受験のブログですが、チームジャパンから

何が見え、どう学び、生かすかはそれぞれのご家庭や

お子さんの考えに委ねましょう。

  

次は、ワールドカップ。今年の前半は楽しみが多い

なぁ。ということは、後半は苦しみが待っている?(笑)

  

(追記)

もうひとつ書くことを忘れてました。(笑)

  

決勝戦の後半でショートの川崎選手がポロポロ、エラ

ーしましたが、イニングを終えた戻ってきた川崎選手

にベンチの選手が、無視するでもなく、慰めるでもなく、

笑いながら愛情ある叱咤激励をしていました。

  

それが、9回の腕が折れるかもしれない危険なベース

タッチをさせたんじゃないかなぁと思っています。

  

これから受験をする子供をもつ親として示唆するところ

があるシーンでした。

  

Z会小学生コースに、中学受験コースが新たに開講。くわしいご案内はこちらから!

|

« | トップページ | 渋幕の1年目を終えて、ひとり言。 »

23.野球が一番です」カテゴリの記事

コメント

伏線その10までの分析、恐れ入りました。ベタなスポーツニュースより分かりやすかったです。先日のトリノも含めて、スポーツシーンには学ぶところ山盛りですね。
私は決勝戦も含めて、要所の試合時に仕事をしていたのでいまひとつ盛り上がりに参加できず、不完全燃焼で終わりました。ただ、なぜ今回のイチローはあのように熱かったのでしょうか・・・?別の人を見ているようでした。
サッカーのワールドカップ、楽しみですね。受験生の親として、どこまでのめり込むかが課題ですが・・・(汗)。

投稿: まりの | 2006年3月23日 (木) 10時19分

今回のイチロー。「人のレバレッジ」に気がついたからでしょう。レバレッジとは梃子のことです。

今まで個人記録は大リーグでさえ総なめしてきましたが、それを達成したあと、何かココロのスキマがあったに違いありません。

昨年、ワールドシリーズに進出した井口を見て「いいなぁ」とポツリもらしていました。

個人ではなく、チームで最高を極めたい。そのためには、チーム全員がまとまらなければ、絶対成し遂げられないということを感じていたはずです。

決勝戦でのレフト多村選手のファインプレー。ライトにいるイチローがとれるはずありませんよね。でも、あれはイチロー選手が取ったと言ってもいいんですよ。

それまでのイチローの一連の発言、行動、熱き心、そして結果。他の選手も見ていますよね。あのイチローが、と。それじゃ、俺は、と。

人のレバレッジがあれば、個人の集合体以上の何倍ものかの力が発揮でき、得た喜びも何倍にもなります。

最下位のマリナーズにいてそれを痛感したのでしょう。

以上は、勝手な推測です。(笑)

ワールドカップ、受験生の親ものめりこみましょう!
親も勉強です。得られるものは、大きいと思いますよ。
熱きこころ。子供も感じるはずです。(多分、笑)

投稿: ブルックシルク | 2006年3月23日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チームジャパンから見えたもの:

» WBC…決勝 日本vsキューバ!!劇的なる戦い栄光なる世界一へ!! [ジュンの我流日記]
それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!  さて今回は、世紀の一戦、WBC…決勝 日本vsキューバであります。        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 日本   ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 11時40分

» 日本世界一!! [naotoの一人暮らし(笑)]
WBCの決勝が昨日行われ日本はキューバに10−6で勝ち優勝した。おいらも見てて初回から点が(しかも4点)入ったんで今日はいけるなぁっと気楽にテレビを見ていたらさすがにキューバ1点差まで追い上げた・・・それでも9回に突き放したんだからすごい。ベースボールの国で野球が世界一になりましたね。もうすぐにペナントレースも始まるけどそれも楽しみになりましたね。さぁ野球の季節が来たぞ〜!!!←現在大学生日記13位! ←同じく大学生日記252位!... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 12時37分

» 鳥肌通り越して鮫肌になりそうや!!!! [southpawood]
さすがに今日は、勝敗はまったく予想つきませんでした。 どっちが有利・不利も分かりませんでした。 勢いに乗った日本、強豪キューバ。 仕事中、友達からもメールが来る。 スタメンを知らせてくれたが、1、2、3・・・飛んで青木。 をい、それじゃ〜わかんねえよ(笑) 仕事は1時まで、終わって急いで帰る。ダッシュダッシュ。 点も奪取奪取。 ところが私が家に着いてテレビをつけた途端、宗りん、ポロリポロリ。 私が見てるからってきんちょ〜しないで〜!!←違。 ... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 17時40分

» 見たか世界よ、これが我がニッポン野球の底力だ! [八重川商店]
韓国に連敗してほとんど死にかけても、ヘタレ審判に妨害されても、へこたれずに一丸となって戦い、どうだ!ついに手に入れたぞ世界一の栄冠!! インターネット速報で見ていても、序盤からキューバチームのあたふたぶりが手に取るように分かりました。 何か相手が勝手に自滅していった感もありますが、なあに、相手が先に動いて勝手にこけるというのは、それだけこちらが強いという証拠。 日本チームがそれだけどっしりと腰が重く、あのキューバでもアセらざるを得なかったという事でしょう。 それに、一点差に詰め寄られ..... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 08時27分

« | トップページ | 渋幕の1年目を終えて、ひとり言。 »